Our Value #1

食を通じて
世界の人々の暮らしを豊かにする

代表取締役 社長/青木 啓之

食を通じて世界の人々の暮らしを豊かにする

UFIはこの企業理念を掲げ、事業活動を通じサステナブル社会の実現に貢献してまいります。

2020年、COVID -19の爆発的感染により、グローバルにおいて経済活動は著しく減少し、人々を取り巻く環境は一変しました。 我々はポストコロナの環境下において、UFI Groupの従業員やその家族、地域社会の安全・安心を第一に考慮し、事業活動を通して直面している課題解決に従業員一丸となって取り組んでまいります。 また、医療現場では多くの医療従事者が困難な状況に直面し、身を挺にして日々全力で立ち向かってくださっていることに大いなる敬意と感謝を申し上げます。

「変化への対応」がUFI の使命

私たち UFI Groupが大切にしているのは、食ビジネスによる社会貢献という意識です。私たちは、衣・食・住の「食」という、人間にとって欠かせない領域の中で事業を展開しておりますので、企業行動の目的は「社会貢献」にあるという意識を高く持ち続けております。
今こそ変化への対応力が試される時、我々は特に消費スタイルの変化に注目しており、「よりリーズナブルな商品を求める方」と「より付加価値の高い商品を求める方」、この二極化が市場を構成し、進んでいくと感じております。

当社はその両極に応えることができ、またその他の多様なニーズに対応しうる商品を製造・販売することができる食品メーカーでありたいと考えています。具体的には、食に対する時間やコストのパフォーマンスを求める方々にご満足いただける食品をお届けする一方で、健康志向やライフスタイルの充実度にこだわる方々にもご支持いただける食品も手掛けていきたいと考えております。その結果として、様々な属性の方々の食を豊かにすることができれば、当社が掲げる経営理念の実現にも通じると確信しております。
また、海外への輸出商品を製造するケースですと、その商品を安定的に販売することが原材料を供給いただいた生産者を守ることにもつながりますし、食品メーカーとして持続的な生産を可能とするためには、お取引先様やパートナー企業様との間に誠実な関係を構築することが重要と考えております。先日は後継者不足に悩む農家の方から「所有する農地を引き継いでもらえないか」という相談まで私のところに届くようになりました。
当社の事業が単なる売上・利益拡大のためのみではなく、社会的課題に対しても意義のあることに強い使命感と大きなやりがいを感じております。今後もより一層、UFIの事業活動を通し、世界に通用する総合食品メーカーとして、世界中の食文化と人々の暮らしを豊かにしていくことに邁進し、食ビジネスのあらゆる領域で社会に大きく貢献してまいりたいと思います。

チャンスが多く、スピーディに成長できる環境

働く環境という面では、当社は食品づくりにおいて商品の企画・開発から製造・販売まで国内外を問わず一貫して対応できる体制があることに加え、米国をはじめ海外への展開を積極的に進めてきたことから、常にグローバルな視点を意識してビジネスに携わっていけることが大きな特長だと思います。
決して従業員数の多い会社ではありませんが、だからこそ一人ひとりに活躍の機会が多く、常にチャレンジできるチャンスがあり、食品業界に関する広範な知識を深めることができるので、ビジネスパーソンとしてのスキルアップや成長が、速いスピードで実現できる環境と言えます。
語学力や海外駐在経験といったグローバルスキルや、トレンドに対するセンス・感度などを存分に発揮できる部署もありますので、自身の個性を活かしつつ食ビジネスに携わりたいとお考えの方には、ぜひチャレンジしていただきたいと思います。

ハイスタンダードな食品を、世界中に届けていく

受託製品や自社商品、国内向け海外向けを問わず、私たちは手掛けるすべての商品に自信と誇りを持っております。特に自社商品については、常にグローバルスタンダードへの準拠を意識して開発しております。
EC販売を最大限に活用し積極的に世界へ届けることで、本当の意味でワン・ストップに対応できる総合食品メーカーとして、世界中の食文化と人々の暮らしを豊かにしてくことに邁進してまいります。

UNITED FOODS INTERNATIONAL

代表取締役 社長

青木 啓之

© United Foods International Co., Ltd. All Rights Reserved.